明智光秀・斎藤道三ゆかりの
岐阜のまちあるき
2020.3.10掲載
2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」は、これまでのドラマにない視点で明智光秀や斎藤道三が描かれており、岐阜は戦国歴史で盛り上がっています。
 6/14(日)の岐高同窓会にあわせて、ゆかりの地を散策してはいかがでしょうか。
上の写真中央は、「麒麟がくる」で俳優・本木雅弘さんが演じる斎藤道三の等身大人形。
金華山ロープウェーの待合所に1月末に登場しました。あまりに本物そっくりで、見る人を驚かせています。
      ■岐阜新聞の報道へ          ■ぎふ金華山ロープウェー (元木さん人形の大きな写真も)
岐阜公園内の岐阜市歴史博物館2階に、「麒麟がくる 岐阜 大河ドラマ館」がオープンしています。
 ■大河ドラマ館 公式ホームページ
岐阜市・戦国時代の散策コース ー「道三の道」を中心にー


岐高S47卒の水野義之さん(京都女子大学名誉教授)が、オリジナルで作ってくれた、散策コースをご案内します。
斎藤道三の時代からの歴史年表も含めて、■スライド資料に詳しく掲載されています。
1.岐阜公園の噴水前
2.→戦国の大道(位置確認)
3.→常在寺を拝観
4.→梶川堀・梶川橋
5.→御鮨処跡
6.→岐阜大仏(正法寺)
7.→上大久和町 [山県の大桑]
8.→惣構(そうがまえ)の土塁
9.→川原町筋
10.→美濃六庚申堂
11.→屋根神様
12.→最初の十六銀行支店
13.→加納和傘の店
14.→十八楼
15.→鮎菓子の店 →鵜飼券売所
16.→元長良橋跡
17.→川端康成の像、句碑等
18.→大宮陸閘(りっこう)
19.→「若き日の信長像」
20.→三重塔、庭園の滝(定時)
21.→信長居館跡(発掘現場)
22.→道三時代の石垣
23.→(岐阜公園)板垣退助像
まち歩きの各コースから、有料で案内してくれる情報を紹介します。
利用の際は直接に確認してください。岐高同窓会との関係はありません。

1)「美濃国 戦国案内人」、団体向け、
時刻・コース要相談、15人までガイド1人、6000円など  ■大河ドラマ館の案内へ

2)「美濃国 戦国案内人」、個人向け
定時発着ツアー(10時、14時)のみ、何人でも1人500円 ■「麒麟がくる」推進協議会へ

3)「岐阜まちなか案内人」(ボランティアガイド)
事前予約(できるだけ複数人で申し込んで下さいとの事) ■岐阜市まちなか案内人へ

4)「戦国タクシー」(光秀を訪ねて/岐阜県タクシー協会)
あまり行かないような遠方が中心。 ■大河ドラマ館へ
■もどる